助産師のお仕事

野口聡一さんがおもしろ実験 「宇宙でも物理法則にのっとった」(産経新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の野口聡一さん(44)が6日、余暇の時間を利用しての「おもしろ宇宙実験」を行い、公募で選ばれた3種類の物理実験を行った。終了後、野口さんは「宇宙でもすべての動きが物理の法則にのっとっている」と話した。

 野口さんは普段着姿で日本実験棟「きぼう」の船内実験室に登場。地上と交信しながら、無重力で宙に浮いたハンマーを回転させて重心の位置を調べるなどした。

 また、約45リットル入りの水タンクをひもで引っ張る「作用反作用の法則」の実験では、ひもを引くたびに野口さんが水タンクへと引き寄せられた。野口さんは「地上ではずっと引っ張りたくなるが、宇宙でやると引くたびに体が(水タンクの方へ)加速していく」と話した。

 映像は8日にも宇宙航空研究開発機構(JAXA)のホームページで公開されるほか、小中学校などでの理科教材用に加工し、希望者に配布するという。

【関連記事】
日本人女性宇宙飛行士、山崎直子さんが会見「ばっちり仕事を!」
宇宙飛行士の野口聡一さん 子供たちに絵本の読み聞かせ
野口さん、宇宙滞在を半月延長 6月2日に帰還へ
「宇宙で働ける未来がくるかも」子供たちにエール 野口聡一さん会見
野口さん宇宙で五輪にかじりつき
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

盲導犬候補の子犬世話、不登校克服の生徒も(読売新聞)
押尾被告の2度目の保釈請求も却下(産経新聞)
ケータイ派? パソコン派? 上手にこなす若い世代(産経新聞)
<日本航空>女子バスケ「JALラビッツ」来季限りで廃部(毎日新聞)
鳩山・小沢会談が終了(産経新聞)
[PR]
by axfjxlklh7 | 2010-03-09 18:29
<< 「たばこ感覚…」大麻吸引で中2... 「投資名目で詐取」バルチック・... >>