助産師のお仕事

矢刺さった奈良のシカ死ぬ、肺まで傷(読売新聞)

 「奈良の鹿愛護会」は15日、奈良市でボウガンの矢が腹部に刺さった状態で13日に見つかり、手当てを受けていた雌のシカが死んだと発表した。

 同会によると、シカは同会の保護施設「鹿苑(ろくえん)」で縫合手術を受けるなどの治療を受けたが、傷が肺まで達しており、15日午前8時30分頃、死んでいるのを同会の担当者が確認した。

 同会の池田佐知子事務局長は「回復してくれると願っていたが、最悪の事態になった。先人が1300年以上守り続けてきた人とシカの共生を裏切る行為で、憤りを覚える」と話した。

<最終列車>「北陸」「能登」に撮り鉄多数 JR西は警戒(毎日新聞)
地震 福島・楢葉町で震度5弱=午後5時8分(毎日新聞)
温暖化法案閣議決定 産業界負担増、強い不満 競争力低下、雇用に影響(産経新聞)
今も癒えぬ傷…秋葉原殺傷公判で被害者証言(読売新聞)
阿久根市長、本会議をまた欠席…傍聴席から批判(読売新聞)
[PR]
by axfjxlklh7 | 2010-03-17 06:29
<< 自殺報道、総務省が民放テレビに... 無償化対象決定「時間かかる」=... >>