助産師のお仕事

トヨタバッシングを斬る米国人動画が評判に(産経新聞)

 トヨタの大規模リコール問題について、米政府の対応を批判する動画を公開した米国人男性がネット上で評判になっている。男性は米テキサス州でステーキ店を経営するかたわら、軽快なトークで世界の“悪”を斬る動画をYouTubeに投稿し続けている。その中で「GMとクライスラーで1万2000件のリコールがあるのに対しトヨタは669件」などと、トヨタを擁護。オバマ政権と全米自動車労組の関係を分析してみせた。この動画は、18万回以上のアクセスを記録している。

【関連記事】
トヨタ、レクサスSUVを改修ヘ 「買うな」報道で即応
“ドル箱”復活、米で日本車の販売増 小型・低燃費追い風
トヨタ逆風一転、急回復 “歴史的水準”販売促進策が奏功
まるで映画!?プリウスまた暴走騒ぎ!米でパトカー体当たり
米の弁護士ニヤリ? 損失莫大!トヨタ訴訟ラッシュ必至

政権公約「基本は変えぬ」=小沢民主幹事長(時事通信)
障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」−名古屋高裁(時事通信)
火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)
<事業仕分け>因縁の対決 ノーベル化学賞・野依氏と(毎日新聞)
「無駄の排除が先」 鳩山首相、消費税増税に否定的(産経新聞)
[PR]
by axfjxlklh7 | 2010-04-21 22:31
<< 新幹線でスカート内盗撮、JR西... 無免許で高速道路逃走、最後は駆... >>