助産師のお仕事

踏切に女性、朝の南海高野線11万人影響(産経新聞)

 17日午前6時25分ごろ、大阪市住吉区上住吉の南海高野線住吉東−沢ノ町駅間の踏切で、和泉中央発難波行き準急電車の運転士が、踏切内に女性がいるのに気づき急ブレーキをかけたが、間に合わずに接触。女性は頭などを打って意識不明。乗客約400人にけがはなかった。

 住吉署などによると、はねられたのは近くに住む58歳の女性とみられ、遮断棒をくぐって踏切内に進入したという。事故の影響で、上下線合わせて計36本が運休、計137本が最大30分遅れ、ラッシュ時と重なり約10万8千人以上に影響した。

【関連記事】
電車にはねられ自転車の高1死亡 音楽プレーヤーで電車に気付かず?
大阪でJRまた遮断棒折れ2.5万人影響
京浜東北線で自殺?男性死亡
東武東上線で人身事故、3万人に影響
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル
少子化を止めろ!

「反対あっても理解求める」=12日夕、徳之島町議と会談−平野官房長官(時事通信)
米運輸長官に新幹線売り込み=日本の技術力アピール(時事通信)
佐川急便元社員3人を逮捕=架空発注で代金請求―警視庁(時事通信)
大阪市三セク元所長を逮捕へ 回数券2億円相当不足で横領容疑(産経新聞)
半導体メーカー 上場時に粉飾疑い 証取委が強制調査(産経新聞)
[PR]
by axfjxlklh7 | 2010-05-19 01:48
<< 新年金制度 基本方針案の全容判... パロマ元社長が有罪 CO中毒死... >>