助産師のお仕事

前原国交相、リコール制度見直しに「消費者委員会に協力したい」(レスポンス)

前原国土交通相は28日の閣議後会見で、政府の消費者委員会が自動車のリコール制度見直しに向け調査を行う意向であることについて「消費者委員会の調査に資するよう、資料要求があれば協力したい」と述べた。

一方で、同省としても、情報収集体制の強化と調査分析体制の強化の観点から見直しを進めていく考えを示した。

情報収集体制について前原国交相は、自動車の不具合情報は各メーカーから3か月に1度寄せられる仕組みになっていることについて「重大事案は随時提供してもらう必要がある。きめ細かな情報が伝わる仕組みを作るため、メーカーに運用改善を求めていきたい」と述べた。

調査分析体制については「交通安全環境研究所の常勤職員は1人であり、技術的検討を加えるためにはいささか心許ない」と体制強化に意欲を示しながら、「いずれにしても消費者委員会の要望に真摯に対応し、承った結論についてはしっかり検討したい」と述べた。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
【新聞ウォッチ】トヨタリコール騒動再燃、新型 パッソ は無料改修
【新聞ウォッチ】レクサスもリコール問題浮上
設計起因のリコール増える…車両使用長期化が影響
国土交通省 特別編集
リコール情報 特別編集

福島党首ら社民執行部、連立離脱を示唆 「離脱が筋」(産経新聞)
小沢氏「非常に厳しい状況」(時事通信)
農水相、2度目の宮崎入り=知事と会談へ、農家視察も―口蹄疫(時事通信)
荒砥沢ダム 岩手・宮城内陸地震後、初公開(毎日新聞)
殺処分した家畜、空自新田原基地の用地に埋却へ(読売新聞)
[PR]
by axfjxlklh7 | 2010-06-04 10:15
<< <嘉手納高野球部>部員2人を逮... 新年金制度 基本方針案の全容判... >>