助産師のお仕事

新幹線でスカート内盗撮、JR西課長代理逮捕(読売新聞)

 新幹線の車内で女性のスカート内を盗撮したとして、兵庫県警姫路署は23日、JR西日本運輸部課長代理の小幡仁容疑者(40)(兵庫県西宮市大谷町)を県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕した。

 発表によると、小幡容疑者は22日午後10時50分頃、岡山―姫路間を走行中の山陽新幹線博多発新大阪行き「ひかり588号」の車内で、隣で寝ていた大阪府熊取町の女子大学生(22)のスカート内を携帯電話のカメラで動画撮影した疑い。

 巡回中の車掌が気づき、姫路駅で姫路署員に引き渡した。小幡容疑者は出張先の福岡市から帰宅途中で、酒に酔っていたという。

 同社運輸部の望月康孝次長は「厳正に対処したい」とコメントしている。

<普天間移設>「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連(毎日新聞)
脱毛症治療に初のガイドライン―皮膚科学会(医療介護CBニュース)
首相動静(4月19日)(時事通信)
厚労省内と仕分け第2弾の対象は無関係―枝野担当相(医療介護CBニュース)
熊本・人吉 まさに幸福、SLや「日本三大車窓」癒やし系の鉄道旅(産経新聞)
[PR]
# by axfjxlklh7 | 2010-04-24 16:24

トヨタバッシングを斬る米国人動画が評判に(産経新聞)

 トヨタの大規模リコール問題について、米政府の対応を批判する動画を公開した米国人男性がネット上で評判になっている。男性は米テキサス州でステーキ店を経営するかたわら、軽快なトークで世界の“悪”を斬る動画をYouTubeに投稿し続けている。その中で「GMとクライスラーで1万2000件のリコールがあるのに対しトヨタは669件」などと、トヨタを擁護。オバマ政権と全米自動車労組の関係を分析してみせた。この動画は、18万回以上のアクセスを記録している。

【関連記事】
トヨタ、レクサスSUVを改修ヘ 「買うな」報道で即応
“ドル箱”復活、米で日本車の販売増 小型・低燃費追い風
トヨタ逆風一転、急回復 “歴史的水準”販売促進策が奏功
まるで映画!?プリウスまた暴走騒ぎ!米でパトカー体当たり
米の弁護士ニヤリ? 損失莫大!トヨタ訴訟ラッシュ必至

政権公約「基本は変えぬ」=小沢民主幹事長(時事通信)
障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」−名古屋高裁(時事通信)
火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)
<事業仕分け>因縁の対決 ノーベル化学賞・野依氏と(毎日新聞)
「無駄の排除が先」 鳩山首相、消費税増税に否定的(産経新聞)
[PR]
# by axfjxlklh7 | 2010-04-21 22:31

無免許で高速道路逃走、最後は駆け足(読売新聞)

 16日午後11時30分頃、大阪府吹田市岸部北の名神高速吹田サービスエリアの駐車場で、エンジンをかけたまま駐車中の乗用車を、府警第2方面機動警ら隊のパトカーが発見。

 運転席の岐阜県池田町萩原、建設作業員窪田博文容疑者(37)に職務質問しようとしたところ、車は急発進し京都方面に逃走した。

 車は約1キロ先で走行中の大型トラックと接触し、道路左側ののり面にぶつかって停車。窪田容疑者は車を乗り捨て道路を走って横断、反対車線を逃げたが、隊員2人が約200メートル追い掛けて取り押さえた。事情を聞いたところ、無免許だったことが判明、道交法違反(無免許運転)の疑いで現行犯逮捕した。

 府警高速隊の発表によると、窪田容疑者は「4年前に免許が失効し、無免許がばれると思って逃げた」と話しているという。

県外移設の要請決議を政府に提出 普天間問題で沖縄県市長会(産経新聞)
「子ども手当」はビジネスチャンス 「将来の学資積み立て」−教育にニーズあり(産経新聞)
水俣病救済を決定 政府 未認定3.5万人超対象(産経新聞)
覆面マスク強盗団 警視庁、容疑の3人逮捕(産経新聞)
禁輸が話題、赤ちゃんザル命名「クロマグロ」(読売新聞)
[PR]
# by axfjxlklh7 | 2010-04-20 00:02

デフレ脱却へ、協調姿勢確認=鳩山首相と白川日銀総裁が会談(時事通信)

 鳩山由紀夫首相と日銀の白川方明総裁は9日、首相官邸で会談し、政府と日銀が協調してデフレ脱却に取り組む基本姿勢を確認した。会談に同席した菅直人財務相は会合終了後、記者団に「日銀とコミュニケーションを取り、デフレ脱却、景気回復に努力する」と強調。白川総裁も「政府との間に経済・金融情勢の基本認識の差があるとは思っていない」と語った。
 今回の会談は、経済・財政政策や金融政策運営に関する政府・日銀の定期協議の初会合。首相と白川総裁、菅財務相のほか、平野博文官房長官、山口広秀日銀副総裁も出席した。今後は3カ月に1回のペースで会合を開く。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

「新聞の集金に来ました」と詐欺未遂 無職男を逮捕 小金井署(産経新聞)
サクラ満開予想、近畿は寒の戻りでずれ込む(産経新聞)
外国人参政権に反対 市民団体が東京支部(産経新聞)
マニフェスト修正を、連合会長が首相に要求(読売新聞)
川崎汽船のコンテナ船、2発被弾=けが人なし−ソマリア海域(時事通信)
[PR]
# by axfjxlklh7 | 2010-04-13 00:48

空を流れる黄河があった(産経新聞)

【ソロモンの頭巾】

 黄砂が気になる。昨年10月と12月には、秋の黄砂が観測された。11月に日本へ飛んでくることはあるのだが、10月と12月の黄砂は、それぞれ17年、16年ぶりのことである。黄砂の大型化の前触れだろうか。

 その予兆に違(たが)わず、今春の黄砂は大規模らしい。北京では「十年最強」、ソウルでは「史上最悪」と報じられている。

 春分の日の3月21日には、北海道から沖縄にまで飛来した。広がり方としては、この10年で最大の規模だ。春の甲子園も黄砂の入場行進となった。

 ソウル支局に尋ねると、発生時には市街の景色が暗くなることがあるという。マスクが欠かせず、政府は呼吸器系への健康被害の注意を呼び掛ける。

 北京の中国総局で黄砂を体験してきた記者の話ではもっとすごい。中国では黄砂を含んだ強風で鉄塔が倒壊することもあるし、家畜も倒れる。息ができなくて死んでしまうのだ。

 黄砂の故郷は、中国奥地のゴビ砂漠や黄土高原などだ。春の低気圧に巻き上げられた土砂が偏西風に乗って韓国、日本にやってくる。

 黄砂は昔からあった。「春(はる)霞(がすみ)」も黄砂だといわれる。嘉禄2年2月17日(1226年3月23日)の「吾妻鏡(あづまかがみ)」の記録は、規模が大きくなった珍しい例だ。「風少し吹く。四方暗くして霧霞のごとし。午刻(正午)より晩景に及ぶ」

 現代ではこの規模がまれでなくなった。2005年にソウルで開催された日中韓の環境相会合での共同声明には黄砂も加わった。2000年ごろから被害が目立ち始めたためである。

 過放牧や過耕作によって土地の荒廃が進んだことが原因とされている。一説にはカシミヤ用のヤギの放牧増加が引き金となったともいわれている。

 日本への飛来には年変動があるものの、全体の傾向として黄砂は増えている。

 過去40年間の年別黄砂観測日数の棒グラフを眺めると1980年代半ばから立ち上がり始める大きな山が見てとれる。2000年ごろはそのピークだ。

 その規模は、中国奥地の荒れ地を覆う草や雪の量に左右されるし、偏西風に乗った黄砂の本流のルートによっても変わる。

 砂漠化、乾燥化も黄砂の増大に関係する。あの黄河が干上がるほどの水量減少も起きている。黄河断流だ。近年の黄砂は黄河に代わって大気中を流れる「空の黄河」なのかもしれない。多い年だと1億トンもの土砂が空に舞い上がる。

 国連の気候変動政府間パネル(IPCC)も気候変動と黄砂の関係に注目し始めた。

 日本では呼吸器障害や花粉症への悪影響が心配されるようになっているのだが、黄砂にはプラスの面もあるという。

 北太平洋に落ちた黄砂のミネラル分は、植物プランクトンの養分になるし、日本列島では酸性雨の中和効果ももたらす。だが、それも程度問題だ。大規模黄砂では、有用面もかすむ。(長辻象平)

【関連記事】
「黄砂」増大可能性 ぜんそくや花粉症の悪化も 
黄砂で方位不明の船を救助 11管、沖縄本島沖で
北京で再び黄砂を観測
全国各地で黄砂観測 空の便に影響
中国北部で今年最大の黄砂
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<金星探査機>「あかつき」打ち上げのH2Aロケットを公開(毎日新聞)
校長ら2人略式起訴 東京・杉並区立小の天窓転落死(産経新聞)
別事件でDNA型一致、時効2日前に強姦罪起訴(読売新聞)
郵政改革案「亀井氏案で進める」=預入限度額は2000万円軸−鳩山首相表明(時事通信)
【同盟弱体化】第2部 普天間問題(中)すれ違う狙い 普天間5分(産経新聞)
[PR]
# by axfjxlklh7 | 2010-04-08 01:03