助産師のお仕事

同意人事、見直し求める=福島消費者相(時事通信)

 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は19日午前の閣議後の記者会見で、国会同意人事の決定手続きについて「社民党としては切実な、大事な問題だ。どういうルールがいいのか今後も検討するし、首相官邸内でも検討してほしい。何らかの合意形成をしたい」と述べ、事前審査の復活などを改めて求める考えを示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

遺体は32歳女性会社員=6日から不明、殺害後切断か−死後7〜10日・福岡県警(時事通信)
リフトの支柱に衝突、スキー大会で男性死亡(読売新聞)
雑記帳 新婚夫婦迎える伝統の「水祝儀」 宮城県加美町で(毎日新聞)
大阪桐蔭ナイン ニュー甲子園初練習(産経新聞)
<元朝青龍>引退に「モンゴルで賛否」…大統領府長官(毎日新聞)
[PR]
# by axfjxlklh7 | 2010-03-20 19:23

自殺報道、総務省が民放テレビに質問メール(読売新聞)

 今年2月、東京都清瀬市の市立中学2年の女子生徒(14)が自殺した問題で、総務省が在京の民放テレビ局5社に対し、報道の内容や取材手法を問い合わせるメールを送っていたことが12日、分かった。

 放送免許を与える権限を持つ総務省が、放送局に個別の報道内容の詳細を照会するのは異例だといい、「報道への介入だ」との批判も出ている。

 メールは今月5日、情報流通行政局地上放送課の課長補佐が送付した。自殺予防のため、「自殺をセンセーショナルに扱わない」などと求める世界保健機関(WHO)の手引について、原口総務相がツイッター(簡易投稿サイト)に書き込んだのを読み、自身の判断で出したという。

 読売新聞が入手したメールの文面では、報道に際し〈1〉現場映像を使ったか〈2〉遺影や生前写真を使ったか〈3〉遺書を読み上げたか〈4〉遺書の映像を使ったか――について質問。これらの報道に、遺族の承諾を得たかなどについても回答を求めた。

 メール送信後に課長補佐が上司に報告したところ、上司から番組内容への踏み込み過ぎなどを指摘されたといい、9日に電話やメールで質問を撤回した。読売新聞の取材に、複数のテレビ局は「取材方法や報道内容を質問されることは異例だ」などと指摘している。

 原口総務相は3日、ツイッターで、「著名人の自殺などが大々的に報道されたような場合には群発自殺が拡大する危険が高まる」などとし、WHOの手引に関する書き込みをしていた。今回のメール送付について、原口総務相は読売新聞の取材に、「知らない」と答えた。

官僚答弁制限、今国会は断念=法案提出めど立たず−民主(時事通信)
<シー・シェパード>捕鯨船を実況見分 容疑者立ち会い(毎日新聞)
忙しすぎる「消費者ダイヤル」3月末で廃止(読売新聞)
<中大教授刺殺>「被告の責任能力は限定的」主張へ 弁護側(毎日新聞)
<将棋>囲い合いから久保開戦 王将戦第5局(毎日新聞)
[PR]
# by axfjxlklh7 | 2010-03-18 20:43

矢刺さった奈良のシカ死ぬ、肺まで傷(読売新聞)

 「奈良の鹿愛護会」は15日、奈良市でボウガンの矢が腹部に刺さった状態で13日に見つかり、手当てを受けていた雌のシカが死んだと発表した。

 同会によると、シカは同会の保護施設「鹿苑(ろくえん)」で縫合手術を受けるなどの治療を受けたが、傷が肺まで達しており、15日午前8時30分頃、死んでいるのを同会の担当者が確認した。

 同会の池田佐知子事務局長は「回復してくれると願っていたが、最悪の事態になった。先人が1300年以上守り続けてきた人とシカの共生を裏切る行為で、憤りを覚える」と話した。

<最終列車>「北陸」「能登」に撮り鉄多数 JR西は警戒(毎日新聞)
地震 福島・楢葉町で震度5弱=午後5時8分(毎日新聞)
温暖化法案閣議決定 産業界負担増、強い不満 競争力低下、雇用に影響(産経新聞)
今も癒えぬ傷…秋葉原殺傷公判で被害者証言(読売新聞)
阿久根市長、本会議をまた欠席…傍聴席から批判(読売新聞)
[PR]
# by axfjxlklh7 | 2010-03-17 06:29

無償化対象決定「時間かかる」=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は11日夕、高校授業料の実質無償化の対象を定める文部科学省令を決める時期について「(無償化)法案成立後になることは間違いないが、ある程度、時間がかかるのではないか」との見通しを示した。また、朝鮮学校を対象に含めるかどうかに関し、「客観的な基準をつくることが必要だ」と重ねて強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
温首相ら訪日計画続々=ハイレベル交流本格化へ
朝鮮学校の扱い「決めてない」=高校無償化
「いずれ内閣改造ある」=民主・山岡氏

<トランスデジタル>元役員逮捕 架空増資容疑(毎日新聞)
天下り企業「丸抱え」 スプリング8、運営財団 取引年十数億(産経新聞)
<雑記帳>応援を電気に変換 スタジアムで「床発電」 神戸(毎日新聞)
藤川優里市議、うますぎる演説!?大島幹事長も絶賛、“ゆり節”で絶叫(スポーツ報知)
「原発推進」を明記 温暖化法案を閣議決定へ 民主内から反発も(産経新聞)
[PR]
# by axfjxlklh7 | 2010-03-13 08:47

「たばこ感覚…」大麻吸引で中2男女4人を補導 大阪府警(産経新聞)

 自宅に大麻を隠し持っていたとして、大阪府警少年課などは4日、大麻取締法違反(所持)の疑いで、大阪府和泉市の16歳と18歳の無職少年2人と塗装工の20歳の男2人を逮捕。男らの自宅で一緒に大麻を吸っていたとして、いずれも同市内に住む14歳の市立中学2年の女子生徒3人と男子生徒1人を補導したと発表した。

 中学生らは「最初は嫌だったが、その場のノリで、たばこ感覚で吸っていた」などと供述。府警は補導した中学生4人のうち、当時13歳だった女子生徒2人を、大麻吸引などの非行事実で児童相談所に通告。残る2人も近く通告する方針。

 府警によると、無職少年と塗装工の男ら計4人は今年1月3日〜2月23日、ポリ袋などに入った乾燥大麻0・676〜3・383グラムをそれぞれ自宅で所持していた疑いが持たれている。

 また、中学生4人は昨年12月上旬〜1月中旬、逮捕された無職少年の自宅で、計5回にわたり一緒に大麻を吸ったなどとしている。

【関連記事】
M・モンローが大麻吸引? 50年前のカラー映像に記録
ハリポタ主役が大麻吸引? 英大衆紙報道
「太王四神記」出演の韓国俳優、大麻吸引で逮捕
【衝撃事件の核心】大麻に飽きたらず「禁断のキノコ」栽培…部屋はさながら「研究所」
元力士の大麻吸引、「部屋で」に親方「残念」

雑記帳 広告の新媒体?電通本社ビルがメッセージ直接発信(毎日新聞)
<パリコレ>日本人デザイナーが登場(毎日新聞)
円楽襲名パーティーに小沢幹事長が出席(産経新聞)
<鳩山首相>「小沢氏と説明責任で合意」予算審議で明かす(毎日新聞)
フィギュア 小塚、鈴木両選手 入賞「自信」胸に帰国(毎日新聞)
[PR]
# by axfjxlklh7 | 2010-03-11 09:37